不正咬合を予防する子育て#2

こんにちは

デンタルリフレクソロジストのAYANOです!


前回に引き続き、予防法をご紹介したいと思います!!


唇&お口の中は積極的に!

 口の周り、口の中は生来非常に⚡️鋭敏な感覚器です。

 この過敏さを鈍らせ🍓食べ物や食具、歯磨きなどの受け入れをよくします。

 頬や唇、口の中も赤ちゃんの大好きなスキンシップとして👅どんどん触ってあげましょう✨


指しゃぶりややおもちゃなめは、口と手の共同作業です。

 赤ちゃんが興味を示せば取り上げず🎀

積極的にしゃぶらせます。(安全にね🌷)


 授乳や離乳食後には口の中を清潔に保つ習慣をつけるために

ガーゼや綿棒で汚れをぬぐい、歯磨き習慣へつなげていきましょう💕


今回は乳幼児期〜のご紹介でした!

続きはまた後日✨

 お口の中を触るときに、リフレを活用すると 赤ちゃんと、より良いコミニュケーション👼💕が取れると思います。

気になる方は、こちらまで!

0コメント

  • 1000 / 1000